匠の相駕籠

ソフトウェア開発者の日常

ネット時代のコミュニケーション

今朝の朝日新聞に『若い世代 SNSは現代のキューピッド』という記事がある。

言いたいことを SNS で言う。

LINE で異性に告白するのはありえないという考え方は、

もう時代遅れではないかという19歳の投書だった。

 

誰にでも実感はあると思うが、

ネットを通じた文字によるコミュニケーションは、

実際にあって話をするよりも

心理的な敷居が低い。

 

気軽にやり取りできるし、

大好きな人を目の前にして愛の言葉を述べるより、

LINE で「付き合っちゃおうか」というほうが、

簡単だとは思う。

 

さて、同じ紙面に

『「直接会って会話」重視 20代最高、「電話」「メール」を圧倒』

という記事が乗っていた。


2008年の統計では、

  1. 考えていることを全部言わなくても察し合う
  2. お互いの考えていることをできるだけ言葉にして伝え合う

が、1が 33.6%、2が38.3%だったのに対して、

2016年の統計では、

1が 30.3%、2が 50.1% となっており、

より直接コミュニケーションを重視する傾向が強まっている。

 

この傾向はインターネットの登場により、

実際にあって話をする機会が減ったことで、

その大切さを、よりみんなが

意識するようになったのではないかと思う。

 

意識の欧米化もあるかもしれない。

考えていることは積極的に発言しなければならないとは、

昔から言われていたことではないような気がする。

 

私は仕事においては、

考えていることをきちんと言うのは大切だと思うが、

例えば夫婦間においてなど、

こんなことも言わなきゃわからないの?と思うこともある。

 

バランスは難しいなと思うが、さてさて...。